2008年10月29日

便秘の種類

便秘は、大きくは器質性便秘と機能性便秘に分類されます。
器質性便秘は、腸の病気が原因で起こるものです。なお器質性便秘は、病気の発生時期により、先天性便秘と後天性便秘に分けられます。
機能性便秘は、排便機能の障害により起こるものです。便秘の大半は、機能性便秘です。なお機能性便秘は、一過性(急性)便秘と習慣性(慢性)便秘に分けることができます。一過性便秘は、場所などの環境の変化から起き、緊張やストレス、そして食物繊維不足や水分不足が主な原因です。習慣性便秘は、食生活や生活習慣が原因です。なお習慣性(慢性)便秘は、直腸性・痙攣性秘・弛緩性に分類することができます。
直腸性便秘は、便意を我慢するなどの排便反射の鈍化が原因です。
痙攣性便秘は、ストレスなどによる自律神経の障害などが原因です。
弛緩性便秘は、腸の運動や腹筋力の不足が原因です。
posted by gggk at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月20日

ココアで便秘解消

ココアには、リグニンという不溶性食物繊維が含まれています。不溶性食物繊維には、腸の蠕動運動を促進し、便の通りを良くする働きがあります。また腸内で水分を吸収し、便の量を増やして排泄を促進する働きもあります。またココアには、抗酸化作用があるポリフェノールも含まれています。
ココアは、1日1〜2杯飲みましょう。起床後飲めば、胃腸を刺激し、便通を促します。
なおココアは、便秘解消解消だけでなく、ダイエットやアンチエイジングなどでも注目されています。
posted by gggk at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | ココアで便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロエで便秘解消

アロエは、別名「医者いらず」と言われ、古くから薬用植物として重宝されてきました。今でも火傷などに民間療法として、利用されています。
アロエには、アロエ独特の苦み成分であるアロインが含まれています。このアロインが便秘解消に役立ちます。また胃腸に役立つアロエウルシン・アロエニンなども含まれています。
アロエは、市販のアロエヨーグルトを利用すれば、簡単に摂取できます。ヨーグルトから乳酸菌も摂取でき、一石二鳥です。
なおアロエは、便秘解消解消だけでなく、育毛剤などでも注目されています。
posted by gggk at 18:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロエで便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリーブオイルで便秘解消

オリーブオイルは、地中海沿岸地域を中心に利用される植物油です。オリーブオイルを摂取するとスムースに排便できると言われています。なお便秘の一因は、脂肪分(油分)の不足です。
オリーブオイルは、1日大さじ2杯摂取しましょう。スパゲティやサラダの利用すると簡単に摂取できます。
なおオリーブオイルは、便秘解消解消だけでなく、地中海沿岸地域で乳がんが少ないとして、乳がん予防でも注目されています。
posted by gggk at 18:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | オリーブオイルで便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プルーンで便秘解消

プルーンは、プラム(西洋スモモの実)を乾燥させ、ドライフルーツにしたものです。プルーンには、食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富に含まれています。食物繊維は、便秘予防には欠かせない存在です。
プルーンは、1日2〜3食べましょう。朝食にヨーグルトと一緒に食べるのがおすすめです。ヨーグルトから乳酸菌も摂取でき、一石二鳥です。
なおプルーンは、便秘解消解消だけでなく、ダイエットや抗酸化対策でも注目されています。
posted by gggk at 18:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | プルーンで便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きな粉で便秘解消

きな粉は、大豆を炒って皮を剥き、挽いた粉です。きな粉には、食物繊維・たんぱく質・ビタミン・ミネラルなどが含まれています。食物繊維は、便秘予防には欠かせない存在です。
きな粉は、牛乳やヨーグルトなどに混ぜて摂取しましょう。また大豆や他の大豆食品(納豆・豆腐・高野豆腐・豆乳など)に置き換えて摂取しても大丈夫。

きな粉は、大豆や他の大豆食品に含まれるイソフラボンが注目されています。なおイソフラボンの摂取量は、1日に40mg〜50mgが理想です。豆腐なら150g(半丁)・きな粉なら20g・納豆なら60g(1パック)です。
posted by gggk at 18:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | きな粉で便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バナナで便秘解消

バナナは、便秘解消の定番食材です。バナナには、食物繊維・オリゴ糖・ビタミン・ミネラルなどが含まれています。食物繊維は、便秘予防には欠かせない存在です。またオリゴ糖は、善玉菌の餌となり、善玉菌を増やすことによって腸内環境を整える働きがあります。
バナナは、朝食に1本食べましょう。ヨーグルトと一緒に食べるのがおすすめです。ヨーグルトから乳酸菌も摂取でき、一石二鳥です。
なおバナナは、便秘解消解消だけでなく、ダイエット食材として話題となっています。バナナ不足が難点です。
posted by gggk at 18:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | バナナで便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニンニクで便秘解消

ニンニクは、古代から滋養強壮や疲労回復に良いと言われ、ピラミッド建設にも利用されてきました。ニンニクには、香りの成分であるアリシン(硫化アリル)が含まれています。アリシンには、腸の働きを活発化し、便を促す働きがあります。
ニンニクは、臭いを考えると夕食に食べるのが良いかもしれません。ニンニクを乾燥させ、チップにされたものもあるので利用しましょう。
なおニンニクは、便秘解消解消だけでなく、がん予防や血液サラサラでも注目されています。
posted by gggk at 18:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニンニクで便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

玄米で便秘解消

玄米は、精米されていないお米です。玄米は、一般的に味は精白米に劣るが、栄養が豊富です。なお玄米に含まれる食物繊維は、白米の約4.7倍です。食物繊維は、便秘予防には欠かせない存在です。
玄米は、臭いが気になる場合があるので、精白米に混ぜて食べるのがおすすめです。また玄米よりたくさんの栄養を摂取したいなら発芽玄米もあります。
なお玄米は、便秘解消解消だけでなく、ダイエットでも注目されています。
posted by gggk at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 玄米で便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腸内細菌

人の腸には、100兆個もの腸内細菌が存在しています。腸内細菌は、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌、そしてどちらにも属さない菌に分類されます。善玉菌は、悪玉菌の働きを抑え、健康な腸内環境を維持する働きがあります。しかし悪玉菌が増えるとアミノ酸などの分解が促進され、アンモニアなどの有毒ガスや有害物質が発生します。その為腸の活動が低下し、便秘になる原因となります。健康的な腸内環境を保つためには、乳酸菌やビフィズス菌などを摂取する必要があります。
posted by gggk at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に便秘が多い理由

日本人女性は、2人に1人が便秘だと言われています。その理由のひとつに生理があります。生理は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)により、調整されています。プロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌される時期は、腸の蠕動運動が低下します。また女性は、男性と比較すると腹筋が弱い為、大腸の運動も弱い。その為女性は男性より、便秘になりやすいのです。女性が便秘を解消する為には、下半身を動かす運動に励む必要があります。
なお女性に便秘が多い理由には、女性が行っているダイエットなども影響しているようです。極端な食事制限は便秘の一因となります。食事制限より、運動に励みましょう。
posted by gggk at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性に多い理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊婦に便秘が多い理由

女性の体は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)などにより、調整されています。女性が妊娠した場合、プロゲステロン(黄体ホルモン)が活発に働きます。プロゲステロンは、主に卵巣の黄体から分泌され、出産準備の機能を整えたり、月経周期を維持する働きがあります。またプロゲステロンには、腸管の平滑筋弛緩作用や蠕動運動抑制作用があり、腸の運動を阻害することによって便秘になりやすくします。更に妊娠6ヶ月を過ぎると子宮が大きくなり、腸管が圧迫されることによっても便秘になりやすくなります。
妊婦は、運動不足になりがちです。体調を確認しながら適度な運動をしましょう。
posted by gggk at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妊婦に多い理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダイエットと便秘

日本人女性に便秘が増加している理由のひとつがダイエットです。ダイエットにより極端に食事量を減少させると食物繊維や脂肪摂取量が減ります。食物繊維の摂取量が減った場合、腸内の善玉菌が減少し、便秘になりやすくなります。また脂肪分を控え過ぎた場合、腸内で便のすべりが悪くなります。便秘を解消する為には、ダイエットでは運動を心掛け、極端な食事制限は控えましょう。そして食物繊維や善玉菌を積極的に摂取しましょう。
posted by gggk at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腹筋を鍛え便秘予防

便秘を解消する為に腹筋を鍛えましょう。男性より腹筋の筋力が弱い女性におすすめです。腹筋を鍛える運動は、次のように行います。
・仰向けに寝て、両手を頭の後ろで組む。
・息を吐きながらゆっくりとオヘソをのぞくように上半身を持ち上げ、5秒間維持する。
・息を吸いながらゆっくり元に戻ります。
この運動を5回繰り返しましょう。
なお腹筋を鍛える為には、ウォーキングなどを毎日行いましょう。便秘に限らず、健康維持に役立ちます。
posted by gggk at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腹筋を鍛え便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マッサージで便秘予防

便秘を解消する為にマッサージをしましょう。マッサージは、次のように行います。
・仰向けに寝て、腰の下に枕を入れてお腹を伸ばす。
・4指でオヘソの周りを時計回りに30回軽くマッサージする。
なお大腸は、右下腹部の盲腸から上腹部を通って左下腹部のS状結腸、そして直腸へとつながっています。腸を刺激することにより、便意を招き、排便を促すそうです。
posted by gggk at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | マッサージで便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食生活で便秘予防

食生活は、便秘解消に限らず、健康に生活する為には重要です。食生活の基本は、毎日3食規則正しく食事することです。そして食事は、バランスと適量が重要です。朝食を抜いたり、ファーストフードやコンビ弁当ばかりにならないようにしましょう。またダイエットで極端に食事量を制限するのも禁物です。そして便秘の予防の為には、腸内環境を整える食物繊維や善玉菌を積極的に摂取しましょう。食物繊維は、野菜・根菜・海草・果物などに含まれています。食物繊維の摂取量は、食事の欧米化によって減少しています。和食中心の食事に変えましょう。また善玉菌は、ヨーグルト・キムチ・納豆などに含まれています。また善玉菌の餌になるオリゴ糖も摂取しましょう。
posted by gggk at 15:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活で便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食物繊維

食物繊維は、水にとける水溶性食物繊維と水に溶けにくい不溶性食物繊維に分けられます。水溶性食物繊維には、小腸での栄養の消化を遅らせる働きがあります。また有害物質を吸着し、体外へ排出する働きもあります。なお水溶性食物繊維は、リンゴ・ミカン・イモ類・キャベツ・昆布・わかめなどに含まれています。不溶性食物繊維には、腸の蠕動運動を促進し、便の通りを良くする働きがあります。また腸内で水分を吸収し、便の量を増やして排泄を促進する働きもあります。なお不溶性食物繊維は、大豆・玄米・ごぼうなどに含まれています。
posted by gggk at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水分補給で便秘予防

便秘の解消には、食事や生活習慣と同様に水分補給が重要です。水分補給により、便の通りが良くなり、便秘が解消される場合があります。水分を十分に摂取した場合、大腸の中の便が水分を吸収し、腸内を移動しやすくなります。また水分を吸収することによって便の容量も増加し、腸を刺激します。なお体内の水分が不足した場合、便が硬くなり、腸内の通りが悪くなります。
なお成人の場合、体重1キログラム当たり、1日40ミリリットルの水分が必要です。体重50キロの場合には2リットル必要となります。1日の水分補給量が少ない方は、積極的に補給しましょう。なお1回の補給は200〜300ミリリットルが適量です。朝のコップ1杯の水は、胃腸を刺激し、便通を促します。
posted by gggk at 15:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水分補給で便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

排便のメカニズム

普段何気なく行っている排便には、次の2つの反射・反応が関係しています。
胃・大腸反射とは、食物が胃に入ると胃は大腸へ信号を送り、大腸は反射的に便を大腸へ送り出す蠕動運動を開始することです。
直腸・結腸反応とは、便が結腸から直腸へ送り出されると骨盤神経から大脳に便到着の信号が送られ、便意が起こります。信号は直腸上部にも送られ、蠕動運動が開始されます。
人は、胃・大腸反射や直腸・結腸反応によって便意を感じ、肛門括約筋を緩め、便を排出するのです。
posted by gggk at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。