2008年10月29日

便秘の種類

便秘は、大きくは器質性便秘と機能性便秘に分類されます。
器質性便秘は、腸の病気が原因で起こるものです。なお器質性便秘は、病気の発生時期により、先天性便秘と後天性便秘に分けられます。
機能性便秘は、排便機能の障害により起こるものです。便秘の大半は、機能性便秘です。なお機能性便秘は、一過性(急性)便秘と習慣性(慢性)便秘に分けることができます。一過性便秘は、場所などの環境の変化から起き、緊張やストレス、そして食物繊維不足や水分不足が主な原因です。習慣性便秘は、食生活や生活習慣が原因です。なお習慣性(慢性)便秘は、直腸性・痙攣性秘・弛緩性に分類することができます。
直腸性便秘は、便意を我慢するなどの排便反射の鈍化が原因です。
痙攣性便秘は、ストレスなどによる自律神経の障害などが原因です。
弛緩性便秘は、腸の運動や腹筋力の不足が原因です。
posted by gggk at 15:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。