2008年10月20日

玄米で便秘解消

玄米は、精米されていないお米です。玄米は、一般的に味は精白米に劣るが、栄養が豊富です。なお玄米に含まれる食物繊維は、白米の約4.7倍です。食物繊維は、便秘予防には欠かせない存在です。
玄米は、臭いが気になる場合があるので、精白米に混ぜて食べるのがおすすめです。また玄米よりたくさんの栄養を摂取したいなら発芽玄米もあります。
なお玄米は、便秘解消解消だけでなく、ダイエットでも注目されています。
posted by gggk at 18:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 玄米で便秘解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

腸内細菌

人の腸には、100兆個もの腸内細菌が存在しています。腸内細菌は、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌、大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌、そしてどちらにも属さない菌に分類されます。善玉菌は、悪玉菌の働きを抑え、健康な腸内環境を維持する働きがあります。しかし悪玉菌が増えるとアミノ酸などの分解が促進され、アンモニアなどの有毒ガスや有害物質が発生します。その為腸の活動が低下し、便秘になる原因となります。健康的な腸内環境を保つためには、乳酸菌やビフィズス菌などを摂取する必要があります。
posted by gggk at 15:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に便秘が多い理由

日本人女性は、2人に1人が便秘だと言われています。その理由のひとつに生理があります。生理は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)により、調整されています。プロゲステロン(黄体ホルモン)が多く分泌される時期は、腸の蠕動運動が低下します。また女性は、男性と比較すると腹筋が弱い為、大腸の運動も弱い。その為女性は男性より、便秘になりやすいのです。女性が便秘を解消する為には、下半身を動かす運動に励む必要があります。
なお女性に便秘が多い理由には、女性が行っているダイエットなども影響しているようです。極端な食事制限は便秘の一因となります。食事制限より、運動に励みましょう。
posted by gggk at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 女性に多い理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妊婦に便秘が多い理由

女性の体は、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)などにより、調整されています。女性が妊娠した場合、プロゲステロン(黄体ホルモン)が活発に働きます。プロゲステロンは、主に卵巣の黄体から分泌され、出産準備の機能を整えたり、月経周期を維持する働きがあります。またプロゲステロンには、腸管の平滑筋弛緩作用や蠕動運動抑制作用があり、腸の運動を阻害することによって便秘になりやすくします。更に妊娠6ヶ月を過ぎると子宮が大きくなり、腸管が圧迫されることによっても便秘になりやすくなります。
妊婦は、運動不足になりがちです。体調を確認しながら適度な運動をしましょう。
posted by gggk at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 妊婦に多い理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。